火災保険とは

多くの方が「火災保険=火災が発生した時の保険」
とイメージされているのではないでしょうか?

ところが

火災保険は火災総合保険です。

火災保険の補償内容について

火災だけでなく、下記の通り様々な補償があります。
()に事例を記載しております。こちらも合わせてご確認ください。

・落雷⚡(落雷により屋根に穴が開いてしまった。落雷により家電が壊れた)

・破裂・爆発 💣(ガス漏れにより爆発し、窓ガラスが割れた)

・風災⛈(台風で屋根が壊れた。)

・雹災⛆(雹で屋根が壊れた)

・雪災⛄(雪の重みでカーポートが歪んでしまった)

・水災☔   
(洪水や土砂崩れによる床上浸水)
解説:下からが上がってきた水をさしております。

・建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など🚙
(車が突っ込んできた。飛び石で窓ガラスが割れた)

・漏水などによる水濡れ
(マンションのケース:上の階の人の床下の横菅が破損、漏水の被害を受けた)

・騒擾・集団行動等に伴う暴力行為
(デモ活動で門を壊された)

・盗難による盗取・損傷・汚損
(泥棒が侵入し、窓ガラスを割られ、家財を取られた)

・不足且つ突発的な事故【破損・汚損】

(家具をぶつけてドアを壊した、液晶テレビを落として割ったなど)

これだけ豊富な補償があるのです。

多くの方がご存じありません。

なぜ、火災保険の補償内容を知らない方が多いのか?

それは、ご契約時に説明を受けていないことが一番の原因といわれております。

火災保険は主に、銀行や不動産会社といった副業で火災保険を取り扱いしている人から加入することがほとんどです。

販売している人自体が火災保険について詳しくないケースがほとんどなのです。

ですから、契約時に正しい説明を受けることが出来ないため、多くの人が契約内容を理解していないのです。

そのため、
日々保険金の請求漏れが発生しております。

せっかく、高いお金を払って火災保険に加入している訳ですから、
正しく補償内容を理解し、加入する必要があります。

もしくは、自分では詳しくなくても火災保険について、詳しい人から加入する必要があります。

火災保険はとても大事な保険です

是非とも今一度、火災保険の内容について、確認してみませんか?

皆さんのご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました