家計地震保険とは

地震保険は、被災者の生活の安定に寄与することを目的とする
「地震保険に関する法律」に基づき、政府と民間の保険会社が共同で運営する公共性の高い保険です。
そのため、補償内容および保険料は各保険会社で同一となっています。

ですから、保険会社は地震保険の販売で利益を得ているわけでもなく、
それは代理店も同じです。
ともに、事務経費程度しかもらってません。

皆さんからお預かりした地震保険料は経費や雑費を差し引いて、そのまま地震が発生した際に地震保険としてお支払いできるように準備金として積立しています。

下記、リンク先は日本地震再保険㈱です。
この会社が地震保険料の管理をしておりますので、是非ともご参照ください。
https://www.nihonjishin.co.jp/

地震保険の特徴について

分かりやすく地震保険の特徴をまとめましたので、こちらを確認して頂ければ、地震保険についてほぼ理解が出来ます。

・全保険会社一律の保険料、補償内容

・地震保険は必ず火災保険とセットで加入しないとダメ

・火災保険の契約の中途から地震保険を契約することも出来る

・地震保険は火災保険金額の50%までしか契約できない
(損保ジャパンでは、100%の補償も可能。但し、契約期間が1年になる)

・加入している保険会社が破綻しても、損害保険契約者保護機構に加入しており、そこから100%補償される

・地震に起因した損害は全て補償されます。
(逆に地震に起因した火災は火災保険では補償されません。理由は火災の原因が地震だからです。)

・地震保険は実損払いではないので、実際に被害を受けた損害額を補償することが出来ません。定額払いといって、損害の程度に応じて、4つの区分があり、そのどちらかに当てはまれば、保険金を受け取ることが出来る。

・液状化現象でも地震保険は出る

簡単に特徴をまとめました。

割と詳しくまとめましたが、地震保険の必要性について、理解をして頂けましたら、幸いでございます。

世の中に蔓延する地震保険不要論について

地震保険について、多くの風評被害や正常性バイアスなどが広まっています。
私自身が営業活動の中で、お聞きするお客様の地震不要論の事例をまとめてみました。

・東京直下型の地震が発生したら、保険会社が支払いがなされないんじゃないか

・時価額を限度とした補償の為、古い物件だと補償してもらえないのではないか

・そもそも火災保険金額の半分の補償しか受けられないなら、必要ないのではないか。

・自分の自宅は、東日本大震災の時に被害が無かったから、耐震がしっかりしているため、大地震が来ても大丈夫

などなど、正常バイアスのもとに、多くの人が自分は大丈夫だろうと思っています。

いちおそれぞれ、解説すると

・東京直下型の件 
→現在、11兆7千億円までは補償できる財源があるため、問題ないといえる。
あと、勘違いしている人が多いが、東京のオフィスビルなどは、この家計地震とは異なるため、地震保険からお支払いされることはありません。

・時価額の補償の件
→確かにそのとおりであるが、建物はいくら老朽化してもある一定の価値は残る。それは、キッチン、トイレ、お風呂、洗面所など付帯設備があるためです。この付帯設備にはある程度の価値があり、どんなに壁や屋根が老朽化しても残るものである。

・地震保険が、火災保険の半分しか補償できない件
→これは仕方ないのです。
地震は発生の予測ができず、また、地震が発生した場合の被害は広域にわたり、その損害額も巨大になります。
損害保険会社の担保力、国の財政にも限度があるため、50%までに制限している。

・東日本大震災の時に被害を受けなかった東京の人
→東日本は宮城で発生した大地震です。
東京に直下型の地震が起きれば、被害が起きないとは言い切れません。
どんなに耐震の優れたマンションであっても、地震の震度の大きさによっては被害を受ける危険があるので、備えていた方が賢明です。

地震保険について、是非ともお伝えしたいこと

ここまで地震保険の特徴及び不要論をお伝えしてきましたが、
私は地震保険に加入してくださいと勧誘している訳ではありません。

世の中に伝わっている情報で間違っている事も多いので、
ここでは地震保険の必要性について、正しく正確に判断できる情報をお伝えしたいという思いで、書きました。

東京にお住まいの方は1923年の関東大震災以降、大地震を経験していないので、どこか身近に思っていない人も多いかもしれません。

但し、地震はいつ起きてもわからないといわれております。

なので、地震保険に加入することも大事ですが、
まずは身近な自分の寝室に地震が起きた際に、
倒れてくるものはないかや水の確保など、危機管理を行い、
地震が起きても被害が発生しないように準備しましょう。


タイトルとURLをコピーしました